年下S女様

年下S女様

【S女ご主人様とマゾ奴隷の主従関係】ご主人様にいただく鞭痕は「紋章」

24歳のレナ様と20歳のエリカ様によって、45歳の私に与えられる鞭。 私のカラダには、お二人からいただく鞭による無数の鞭痕が、全身に刻まれています・・・ 人前で裸になることなど、まずない私なので、それはかまわないのですが・・・新しい...
年下S女様

【年下S女ご主人様と中年マゾ男】年若いご主人様の「虐待専用」奴隷となって

レナ様とエリカ様。 24歳と20歳のお若いS女様たちに「虐待専用奴隷」として飼っていただいている、45歳の私。 理由はどうあれ、年若いS女ご主人様の所有物になれる我が身の幸せを、日増しに強く感じてきている私です。 たとえ私より...
年下S女様

【絶対服従の序章】年下S女ご主人様と迎える中年M男の隷属の朝 (5)

セックスの快感よりも、【S女ご主人様に仕える悦び】 「ご主人様のためにガマンしたのね、おまえ」 そうおっしゃってくださるレナ様。 「ハイ・・・いえ・・・あの・・・その・・・」 なんとお返事したらいいのか、慌てる私。 『そうで...
年下S女様

【絶対服従の序章】年下S女ご主人様と迎える中年M男の隷属の朝 (4)

20代S女様の【家事奴隷】として飼育される少年 「チビは、料理が得意な子なの。だから、家事奴隷としても飼ってあげてるんだけど・・・」 「この子にもだいぶ射精させてあげてないから、ご主人様の帰りを首長くして待ってるわけ。うふふ・・・お店の前...
年下S女様

【絶対服従の序章】年下S女ご主人様と迎える中年M男の隷属の朝 (3)

20代S女ご主人様に飼われる【少年奴隷】 そんな私にかまわず、お電話をおかけになるご主人様。 「チビちゃん、おまえ、今なにしてるの? ・・・そう、タツヤは?」 ああ・・・やはり・・・心の中で、そうつぶやく私。 「朝食終わっ...
年下S女様

【絶対服従の序章】年下S女ご主人様と迎える中年M男の隷属の朝 (2)

M男のビジネススーツの下は【貞操帯】 颯爽と私の前を歩かれる長身のご主人様に連れられ、ホテルのラウンジに朝食を食べに行きます。 ビジネススーツの下には、ご主人様によって貞操帯が付けられている私です・・・ ラウンジでご主人様と私をにこ...
年下S女様

【絶対服従の序章】年下S女ご主人様と迎える中年M男の隷属の朝 (1)

S女ご主人様のお足もとで目覚める中年M男奴隷 朝、目が覚めると・・・私の体はシーツに包まれていました。 ご主人様が、かけてくださったに違いありません。 ベッドのご主人様を見やると・・・私のリードが、ちゃんとご主人様の手に握られていま...
年下S女様

【中年M男の栄誉】20代S女ご主人様とベッドをともに・・・ (5)

20代S女ご主人様の【乳房】を口に含む中年M男奴隷 長い髪を振り乱しながら、私の上で身をくねらせる若きご主人様・・・ 「はン・・・アッ・・・胸揉んで・・・ポチ」 「ハイ、ご主人様・・・!」 恐る恐る、ご主人様の揺れ動く両の乳房を手...
年下S女様

【中年M男の栄誉】20代S女ご主人様とベッドをともに・・・ (4)

中年M男奴隷のチンポを性器に挿入する20代S女ご主人様 私のチンポがカチカチになったのを見届けると、ご主人様が私のチンポからお口を離し、今度は私の腰の上に跨がります。 『ま・・・まさか・・・』 と私が思う間もなく、私のペニスを握りな...
年下S女様

【中年M男の栄誉】20代S女ご主人様とベッドをともに・・・ (3)

20代S女ご主人様の【高貴な秘所】を舌奉仕し続ける中年M男 ご主人様が、私のチンポを咥えたまま、激しく頭を上下させはじめます。 そして、さらに舌で亀頭を舐め回してくださるご主人様。 「もっと舐めて・・・ポチ・・・」 小さな吐息...
年下S女様

【中年M男の栄誉】20代S女ご主人様とベッドをともに・・・ (2)

M男の【亀頭】を舌で舐めまわしてくださるS女ご主人様 私のチンポをお口に含んでくださり、亀頭を舌でネットリと舐め回してくださるご主人様。 「ああ・・・ご主人様・・・もったいないです・・・私のような中年マゾの穢れたチンポを・・・ご主人様...
年下S女様

【中年M男の栄誉】20代S女ご主人様とベッドをともに・・・ (1)

中年家畜M男に【首輪】を嵌めてくださる20代S女ご主人様 ご主人様が、ベッドから起き上がり、私に首輪をはめてくださいます・・・ てっきりバスローブをお召しになられていると思っていたレナ様が・・・実は、まだ全裸なのでした・・・ 再...
年下S女様

【中年M男の栄誉】20代S女ご主人様とご一緒にシャワー (2)

M男のチンポを手コキしながら、S女様がご下賜くださるお言葉 もったいなくも私の体に泡をつけてくださりながら、私の両乳首を両手の親指で弄んでくださるご主人様。 「ああ・・・ご主人様・・・!」 思わず、吐息が漏れてしまいます。 続いて...
年下S女様

【中年M男の栄誉】20代S女ご主人様とご一緒にシャワー (1)

【20代S女ご主人様とシャワー】の栄に浴する中年M男奴隷 「あ・・・あの・・・申し訳ありません、ご主人様。ポチも用を足してよろしいでしょうか?・・・」 オズオズとご主人様にお伺いを立てます。 「いいわよ」 ご許可いただいて小用をト...
年下S女様

【クンニご奉仕】中年家畜M男は20代S女ご主人様の【舐め犬】(4)

中年M男の【クンニご奉仕】でアクメを迎える20代S女ご主人様 「・・・あ・・・あ・・・アン・・・アッ・・・」 ヌラヌラと濡れ光るご主人様のアソコが、夜目にも艶めかしく・・・ やがて、体をくねらせ、のけ反らせながら、年若いS女ご主人様...
年下S女様

【クンニご奉仕】中年家畜M男は20代S女ご主人様の【舐め犬】(3)

20代S女ご主人様の【性器】に舌を這わせ続ける中年舐め犬奴隷 頬にご主人様からいただいたビンタの疼きを感じつつ、舌を動かし続ける私。 奴隷がご主人様のおみ脚にみだりに触れることは許されませんから、ちゃんと両手を床について、お行儀よくご...
年下S女様

【クンニご奉仕】中年家畜M男は20代S女ご主人様の【舐め犬】(2)

中年M男奴隷は、20代S女ご主人様の【舐め犬】 ご主人様の小さめの性器に、懸命に舌を這わせる私・・・ ライトが消えた室内、しかも自分の影で、ご主人様の陰部はよく見えません。 ただ、思いがけずに頂戴した「舐め犬」ご奉仕に集中しなければ...
年下S女様

【クンニご奉仕】中年家畜M男は20代S女ご主人様の【舐め犬】(1)

20代S女ご主人様に【舐め犬】ご奉仕を命じられる中年M男奴隷 「おいで」 ご主人様が首輪のリードをグンッとお引きくださいます。 四つん這いのままご主人様に連れられ、ソファーに戻る私。 ソファーに深々と身を沈められるご主人様のお...
年下S女様

中年M男には身分不相応!年下S女ご主人様からの【女神様のキス】

20代S女ご主人様が中年M男にご下賜くださる【女神様のキス】 「ご主人様・・・ご主人様は、私とはご身分が違いすぎます・・・ああ・・・ポチは・・・ポチは、どうしたらいいのか、わからなくなってしまいます・・・」 やっとそのように申し上げた...
年下S女様

【女神様降臨】年下S女ご主人様の裸身と中年M男の貞操帯 (2)

常に20代S女様の手の内にある中年M男を繋ぐ【首輪のリード】 ご主人様に命じられ、すぐさま立ち上がる私。 首輪の鎖のリードは、ご主人様の手に握られたままです。 カーテンの開け放たれた窓からは、相変わらず外のきらびやかな夜景が望めます...
年下S女様

【女神様降臨】年下S女ご主人様の裸身と中年M男の貞操帯 (1)

20代S女ご主人様の【輝くような裸身】に中年M男奴隷は・・・ 私の目の前の、24歳のS女ご主人様・レナ様の輝くような裸身。 そのお足下に全裸で犬として繋がれる、45歳の中年オヤジの私・・・ しかも、私の股間はご主人様によって「施錠」...
年下S女様

中年M男を【虫けら以下】に扱うS女ご主人様は、実はお優しい女性様

M男奴隷は、お優しいS女ご主人様の【ストレスのはけ口】 私には情け容赦のないご主人様ですが、決して高飛車な女性様というわけではありません。 後輩OL様をかばったり気遣ったり・・・ご主人様は、本当にお優しい方なのです。 思いやりが...
年下S女様

年下S女様と中年奴隷の【主従関係】は外食ディナーでも厳格 (7)

S女様の【黒ストおみ足】の刺激でチンポをギンギンにするM男 「明日私もおまえも仕事だから、今日は調教してあげられないね。かわいそうにね。私のくっさい足、嗅ぎたかったでしょ?」 「ハ・・・ハイ・・・嗅がせていただきたかったです・・・ご主...
年下S女様

年下S女様と中年奴隷の【主従関係】は外食ディナーでも厳格 (6)

20代S女ご主人様に【露出調教】される中年M男 「ハイ、申し訳ありません・・・ご主人様・・・あの・・・出せとおっしゃいますと・・・も・・・申し訳ありません・・・!」 20代の女ご主人様にさらに叱られる前に、思わず謝罪してしまう情けない...
年下S女様

年下S女様と中年奴隷の【主従関係】は外食ディナーでも厳格 (5)

20代S女ご主人様は、【神々しい女神様】であり【淫靡な美魔女様】 レナ様は私にとって、神々しい女神様です。 しかし、今私の前におられるレナ様は、淫靡な美魔女様のようです・・・。 ほの暗い照明の中で、その妖艶さに思わず息を飲む私・・・...
年下S女様

年下S女様と中年奴隷の【主従関係】は外食ディナーでも厳格 (4)

S女様のご調教を受け、自ら【隷属】を望むM男たち 「私に何をされるかわからない。だから、怯えた表情で私を見上げるオス犬。可愛いわよね」 「そんなオス犬を、徹底的に痛めつけてあげたくなるの。徹底的に貶めてあげたくなるの。鞭で踊らせてあげなが...