性器ピアス

集団調教

【集団調教】二人S女ご主人様の「M男奴隷調教バナ」IN別荘(4)

「タツヤもチビもクロも、おねえさまの奴隷は、みんなブランディングあるしィ」 エリカ様のお言葉に・・・まだ体に何もない私の心は・・・グサリと傷つけられます・・・。 「ブランディング(烙印)は、気軽にやるものじゃないわよ、エリカ」 「...
集団調教

【集団調教】二人S女ご主人様の「M男奴隷調教バナ」IN別荘(3)

そういえば・・・レナ様の奴隷は、タツヤ様、ショウタ様も、レナ様からいただいている鞭痕が露わです・・・。 パパ様も、ユミコ様からいただいておられるであろう鞭痕に加え・・・昨日実娘のレナ様によって追加された鞭痕が、生々しく浮かび上がっています...
集団調教

【集団調教】二人S女ご主人様の「M男奴隷調教バナ」IN別荘(2)

「うふふ・・・昨日のエリカの写メには笑っちゃったわ」 お足下のタツヤ様の髪を撫でながら、可笑しそうにおっしゃるレナ様・・・。 「えー、だって、うれしくって、早くみんなに見せたかったんだもーん。おかしい? おねえさま」 「ううん。エ...
集団調教

【集団調教】二人S女ご主人様の「M男奴隷調教バナ」IN別荘(1)

レナ様のお足下には、タツヤ様がリードでつながれ・・・エリカ様のお足下には、リク様がつながれ・・・ それぞれ可愛がっておられる子飼いの奴隷をお足下に正座させ控えさせながら、楽しそうにおしゃべりに興じられる20代S女ご主人様方・・・。 ...
集団調教

【集団調教】ロリS女ご主人様に飼われる年上オス奴隷(10)

ワイルドな印象のリク様は、S女様に対する返事の仕方も、少しぶっきらぼうに聞こえる時があり・・・ レナ様から、それをたしなめられるリク様でした・・・。 23ということは・・・ご主人様であられるハタチのエリカ様は、3つ年下です・・・。 ...
集団調教

【集団調教】ロリS女ご主人様に飼われる年上オス奴隷(9)

「ポチ、足置き」 パパ様がキッチンへと戻られた後、私に命じられるレナ様・・・。 「ハイ、ご主人様」 リビングで豪華なソファーに腰掛けられたレナ様のお足下で仰向けになる私・・・ 私の体に、レナ様のピンヒール・サンダルのおみ足が乗せ...
集団調教

【集団調教】ロリS女ご主人様に飼われる年上オス奴隷(8)

レナ様のお足下にリードでつながれたタツヤ様に、私を憐れむような憐憫の眼差しと・・・ エリカ様のお足下につながれたリク様のお顔には、早速叱られる中年奴隷への侮蔑の表情がありありと浮かびます・・・。 エリカ様がおっしゃる通り・・・ハタチ...
集団調教

【集団調教】ロリS女ご主人様に飼われる年上オス奴隷(7)

初対面の年若いワイルドな美男奴隷・リク様の前で、エリカ様に叱られビンタされる無様な姿を晒す、45歳の中年オスブタ奴隷の私・・・。 早速今日の朝もまた、S女ご主人様への 「申し訳ありません」 からスタートする私・・・。 「ハタ...
集団調教

【集団調教】ロリS女ご主人様に飼われる年上オス奴隷(6)

リビングの豪華なソファーにおかけになられた、ワンピース姿のレナ様・・・。 お足下にリードでつながれているのは、全裸のタツヤ様でした・・・。 「おねえさま、ポチ連れてきたよー」 「ご苦労様、エリカ。ありがとう」 「どういたしまして...
集団調教

【集団調教】ロリS女ご主人様に飼われる年上オス奴隷(5)

私たち二匹のオス奴隷をリードで引きながら、廊下を颯爽と歩かれるエリカ様・・・。 タンクトップとホットパンツ、そして黒ニーハイにピンクのピンヒール・サンダルをお召しになられ・・・ ツインテールをなびかせた小柄な美少女然としたエリカ様が...
集団調教

【集団調教】ロリS女ご主人様に飼われる年上オス奴隷(4)

エリカ様に首輪とリードでつながれたまま、全裸に四つん這いで、地下調教室から1階への階段を上がるリク様と私・・・。 リク様の両手両足にも、私と同じく手枷足枷が付けられており・・・ おそらくは、首輪・手枷足枷・貞操帯「マゾの檻」が、レナ...
集団調教

【集団調教】ロリS女ご主人様に飼われる年上オス奴隷(3)

「ERIKA・・・です、ご主人様」 エリカ様に問われて答えるリク様も、なにか、私に対してこれ見よがしです・・・。 「うふふ・・・おまえのは、私の名前だもんねー、リク。コイツのはね、『CUTIE QUEENS』なの。S女様みんなに虐待...
集団調教

【集団調教】ロリS女ご主人様に飼われる年上オス奴隷(2)

「あはは・・・聞いた? リク。45だよ、コイツ。45のオヤジのくせに、20代の女の子に飼われてるんだよー。信じらんないよね?」 お足下に全裸に首輪とリード姿でつながれたリク・・・ いや、最下等奴隷の私は、「リク様」とお呼びすべきでし...
集団調教

【集団調教】ロリS女ご主人様に飼われる年上オス奴隷(1)

「おいッ! 起きろッ!! ブタッ!!!」 ハッとなって目を覚ませば・・・そこは、地下調教室の檻の中・・・ そして・・・口辺に冷酷な笑みを浮かべながら鉄格子の外で私を見下ろしておられるのは・・・ なんと、エリカ様でした・・・! 「...
集団調教

【集団調教】ピアス・タトゥー・烙印でS女様に飾られるオスM奴隷たち(2)

「ハイ。ご主人様が、タツヤさんとともに手塩にかけられた奴隷ですから。チビさんも、ようやくタツヤさんと同じブランディングを施されたのですから、さぞうれしいでしょう」 パパ様の言葉に、私たちのマッサージに目を閉じながら、満足そうな笑みを浮かべ...
集団調教

【集団調教】ピアス・タトゥー・烙印でS女様に飾られるオスM奴隷たち(1)

パパ様と私にマッサージをさせながら、レナ様が続けられます・・・。 「マヤの奴隷一匹にブランディング(烙印)するってことも、忘れないでね、クロ。もう言ったはずだけど」 ブランディングというお言葉に、レナ様をマッサージさせていただく私の...
集団調教

【集団調教】所有物としてS女様たちに写メを晒されるオス奴隷たち(2)

「リクは、大人しくしてたの? ピアッシングの時」 「ハイ・・・リクさんは、少しお気が小さい方のようで・・・いざとなると怖がってしまって・・・エリカ様にひどく叱られておられました・・・」 「あはは。リクって、見た目男らしくてワイルドだ...
集団調教

【集団調教】所有物としてS女様たちに写メを晒されるオス奴隷たち(1)

そこには、全裸に首輪姿でモロに顔出しのイケメン男子を横に、得意顔でピースサインをされるエリカ様の写メ・・・ そのイケメン男子のピアッシングされた陰部を大写しにした写メ・・・ さらには、我々と同じく貞操帯「マゾの檻」で施錠された陰部のアッ...
近親調教

【禁断の近親調教】実娘S女ご主人様に射精管理されるパパM奴隷 (2)

「私もパパの鍵持ってるけど・・・いいコだったら、開けてあげよっか」 私を椅子にしたまま、レナ様が天井から吊られたパパ様にお声を掛けられます・・・。 「ハ・・・ハイ、レナ様。うれしゅうございます・・・!」 パパ様のお声には、明らかに...
近親調教

【禁断の近親調教】実娘S女ご主人様に射精管理されるパパM奴隷 (1)

「あぅ・・・っ! ハイ、申し訳ありません、ご主人様・・・ちゃんと、うかがっております・・・っ!」 背中のレナ様に上から髪の毛を掴まれ、頭をのけ反らされる私・・・。 「それが、私のS女入門だったわけ。中〇や高〇の時は、勿論、彼氏を調教...
近親調教

【禁断の近親調教】実娘S女ご主人様から実父M奴隷への鞭 (7)

「椅子」 レナ様から突然かかったお声・・・。 余りの光景に茫然自失状態だった私は・・・自分に向けてレナ様が命じられたとは瞬間気づかず・・・。 「椅子ッ!!」 レナ様のお声が叱り声になって、ようやく四つん這いのまま、レナ様のお足下...
近親調教

【禁断の近親調教】実娘S女ご主人様から実父M奴隷への鞭 (6)

実の娘に、些細な言葉遣いをたしなめられ、叱られるパパ様・・・。 「パパの『マゾの檻』に付いてるプレートに、なにが刻まれてるの? 言ってみなさいッ!」 「ハイ・・・ユミコ様のお名前と、レナ様のお名前です!」 「パパのチンポには?」 ...
近親調教

【禁断の近親調教】実娘S女ご主人様から実父M奴隷への鞭 (5)

そして・・・実のパパ様を容赦なく無慈悲に鞭打つレナ様のお姿に・・・改めて、オス奴隷を鞭打つS女性様のお美しさを見る思いがした私・・・。 この地下調教室で、次に鞭打たれるのは自分だとわかっていながら・・・その惚れ惚れするような格好良さに...
近親調教

【禁断の近親調教】実娘S女ご主人様から実父M奴隷への鞭 (4)

「おまえは下がっておいで」 まるでゴミでも捨てるように、私の髪の毛から手を放しながら、私を隅へ押しのけるレナ様・・・。 「おすわり」 部屋の隅へ控えようとする私に、レナ様のお声。 「ハイ、ご主人様・・・」 言いながら、正座して...
近親調教

【禁断の近親調教】実娘S女ご主人様から実父M奴隷への鞭 (3)

実の娘のお名前を刻印されたプレートを貞操帯に付けられているパパ様・・・。 よく見ると、パパ様の下腹部にも「SLAVE」のタトゥーが施され・・・陰茎にはピアスが光っています・・・。 「パパのチンポ、よく見てごらん」 私の髪の毛を掴ん...
近親調教

【禁断の近親調教】実娘S女ご主人様から実父M奴隷への鞭 (2)

「ハイ、ご主人様・・・!」 レナ様に命じられ、壁のハンドルを回しはじめる私・・・。 天井からのチェーンに手枷をつながれたパパ様の体が、徐々に上に引き揚げられていきます・・・。 「もう少し・・・。その辺でいいわ」 レナ様のご指示で...